はてなブログ:カスタマイズまとめ

はてなブログ、初期状態では使いづらい点・気に入らない点も多い。
しかし、そうした点はカスタマイズすることで徐々に使いやすく、また見やすいものにできる。

ここでは、実際どこをどのように調整していったか、参考にさせてもらったWebサイトの紹介を踏まえて、要点のみ簡潔にまとめていく。

※参考にさせてもらったWebサイトは必ず出典元として紹介するが、場合によりリンク切れや参照間違い、あるいは孫引きなども含まれているかもしれない。そうした点は徐々に修正していきたい。

カスタマイズのやり方【基本的な手順】

デザイン設定画面から、真ん中のレンチマークを選んで、一番下のデザインCSSにコードを追加していくこと。

はてなブログカスタマイズ

また、コードがたくさん追加されていくと、どれがどの設定かわかりにくくなるので、行間をあけておくとともに「/* 蛍光ペン風(黄)+太字にする */」など「/*〇〇○*/」をアタマに入れて、何のデザインか判別できるようにしておくとよい。

カスタマイズの注意点

デベロッパーツールで確認する

CSSによるデザイン調整をした場合でも、PCだけで確認するのではなくスマホなど他のデバイスで正しく表示されているかもチェックしおくこと。

PCとスマホ表示は<プレビュー>で確認できる。

あらゆるデバイスでの表示に対しては、PCから「デベロッパーツール」で確認することができる。

たとえば、Chromeでは「表示メニュー>開発/管理>デベロッパーツール」で表示させることができる。デベロッパーツール画面では「端末やバージョンの選択・縦横や比率の変更」など様々な表示を試すことができる。

レスポンシブデザインモードにしておく

デザインCSSで、たとえば会話文や見出しのスタイルを追加調整しても、上記のデベロッパーツールで正しく表示されていないことがある。

これは「レスポンシブデザインモード」になっていないことが原因の場合がある。

デザイン設定画面から、右隅のスマホマークを選んで、一番下にある「レスポンシブデザインにチェックを入れておくこと。

はてなブログカスタマイズ

ブログ全体(ベースデザイン)の調整

〇〇 

本文の文字サイズを調整する

【参考サイト:出典元】

はてなブログのフォントサイズを変える方法 最適な文字サイズは? - Random Life Blog

CSSコード】

/* 文字サイズを調整する */
.entry-content {

font-size:00px;
}

【解説

  • 「00部分」に文字サイズを入れる
  • 16pxが最も標準かつ適当(このサイトでは、ウィキペディアを理想モデルにしているので、16px設定にしている)
  • より見やすく読みやすくするなら17pxが妥当

見出しのデザインにメリハリを付ける

〇〇 

リンクを別ダブで開くようにする

〇〇 

下線マーカーを加える

【参考サイト:出典元】

【はてなブログ】コピペで簡単!蛍光ペン風のラインを楽に引く方法【斜体ボタン】 - 続・緑色日和。

CSSコード:貼り付けるだけ】 

/* 蛍光ペン風(黄)+太字にする */
.entry-content em {
background: linear-gradient(transparent 60%, #fbff96 60%);
font-style: normal;
font-weight: bold;
}

CSSコード:さらに調整できる点】

/* 蛍光ペン風(黄)+太字にする */
.entry-content em {
background: linear-gradient(transparent 60%, #fbff96 60%);
font-style: normal;
font-weight: normal;
}

 【解説】

このコードを貼り付けるだけで「イタリック」が「マーカー」として適用される。

「nomal」にすることで、自動的に太字にならず、マーカーだけ残せる

「#0000」で色味や色調の変更が可能

「00%」でマーカーの範囲調整が可能(0%文字全体、30%文字の8割ほどなど)

区切り線・枠線(囲み)を加える

<div style="border-radius: 10px; -webkit-border-radius: 10px; -moz-border-radius: 10px; border: 1px solid #006400; margin-top: 15px; margin-bottom: 15px; padding: 15px;">

 </div>

会話文(吹き出し)を入れる(スマホでも表示)

〇〇

上に戻るボタンの追加

〇〇

難読語(漢字)にルビ・振り仮名を付ける

〇〇

はてなブログ:写真を投稿する際のサイズ問題

以下のリンク先にも詳細あり。

はてなブログの画像が勝手にリサイズされたりしてけっこう面倒だという話 – FOXISM

サイズが勝手に縮小されてしまうのを防ぐ

大きな画像のはずなのに、いざ写真を投稿(記事内に画像をドロップ)すると、サイズが勝手に縮小されてしまう(特に、縦長の画像など)。

これは以下の手順で「設定」を変えることで解消できる。

 まず、はてなフォトライフfotolife)の管理画面に移動して「設定」からフォトライフの設定」に移動する。
フォトライフの設定画面で「画像サイズ」ピクセル(長辺)をデフォルトの1024ピクセル以上に設定する(思い切り3000程度にしといても良いと思う)
あわせて「オリジナルサイズの画像を保存」にもチェックを入れておく

これで勝手に縮小されず、投稿する写真のオリジナルサイズで投稿できる。

あわせて、上記手順で同じ設定画面から「画質」を100%以下に調整することで、サイズが大きくても画質小さめの画像にもできるので「写真はそこそこ見せられればよい」また「ファイル利用量を節約したい」という場合は80%〜50%あたりで適当に調整することもできる。

横幅いっぱい表示させるための適正サイズ

はてなブログでは「630ピクセル」が横幅いっぱいに表示させる際の基準になるので、素材を準備する際は「630ピクセル」を基準に事前に調整しておくと良さそう。

本来は「600ピクセル」らしいが、ぴっちり表示だと「630ピクセル」がベター。

なので、あとから適当に調整したい場合は「HTML編集」で「 width="630"」にすればよい(画像によってはぼやけてしまうので注意)。

はてなブログでの表組の作り方

行1列1見出し 行1列2見出し 行1列3見出し
行2列1 行2列2
行2列3(右寄せ)
行3列1 行3列2
行2列3
(右寄せ)

【メモ】

  • 手っ取り早い方法を探したが、結論としてはHMTLに落ち着く(1発でOKならExcelという手もあり:後述)
  • どうしても枠線の設定がうまくいかなかったが、以下のCSSでいける(試行錯誤3回目)

はてなブログの公式テーマ「Smooth」の表の罫線の色や太さを調整できるCSS - blog-RuinDig

※通常のボーダー設定ではうまく枠線表示されず、これに最も苦労したが、このCSSであればExcelコピペでも適当に表示される

※「font-size: 14px;」はオリジナルで付け加えたもの(通常は16pxだが、加えればフォントサイズの調整も可能)

.entry-content table th {
font-size: 14px;
border: 2px;
border-style: solid;
border-color: #a9a9a9;
}
.entry-content table td {
font-size: 14px;
border: 2px;
border-style: solid;
border-color: #a9a9a9;
}

【ひな形】

  • 以下のコードをひな形とする(あとから行数、列数、見出し位置、枠内配置も調整可能)
  • まず1行目で列数を決めてしまう
  • あわせて見出しを1行目にまとめるか列ごとにするかも決めてしまう
  • 続けて2行目以降、1行目で決めた列数で必要な数だけ枠組を加えていく

【ひな形:3列の表組みで1行目に見出しをまとめたもの】

  • <tr>行<tr/>ごとに、列を追加していく
  • 列の追加は種別で使い分ける <th>見出し<th/> <td>通常<td/>  
  • 改行する場合は、<br>を入れる
  • 配置指定がある場合は、列のタグ内に<div align="right">文字</div>タグを挟む(right部分を変えれば左寄せもセンターも可能)
行1列1見出し 行1列2見出し 行1列3見出し
行2列1 行2列2
行2列3(右寄せ)
行3列1 行3列2
行2列3
(右寄せ)

<table>
<tbody>

※1行目(3列すべて見出し)
<tr>
<th>行1列1見出し</th>
<th>行1列2見出し</th>
<th>行1列3見出し</th>
</tr>

※2行目(3列目のみ右寄せ)
<tr>
<td>行2列1</td>
<td>行2列2</td>
<td>
<div align="right">行2列3(右寄せ)</div>
</td>
</tr>

※3行目(3列目のみ右寄せ&改行)
<tr>
<td>行3列1</td>
<td>行3列2</td>
<td>
<div align="right">行2列3<br/>(右寄せ)</div>
</td>
</tr>
</tbody>
</table> 

Excelに関して】

  • 冒頭で紹介したCSSコードで設定しておけば、Excelで作成したデータをそのまま「編集見たまま」にコピペしても表組を作れるが、HTMLコードが煩雑になるので、あとから追加調整が難しくなる(文字修正程度であれば可)
  • なので、Excelでもよいが、あとから色々追加調整するつもりの場合は、初めから「ひな形」を元にしてシンプルなHTMLで記述しておくほうがよい
  • また、Excelで設定した枠線やカラーなどの設定コピペしても全て消えてしまうので注意(私の場合)

PIXTAリジェクト(販売NG)再申請方法

PIXTAに登録しているイラスト「ベクター素材(Illustrator作成分)」と「ラスタ素材(Photoshop作成分)」について、それぞれリジェクト「販売NG」があったので、その詳細と解決方法をまとめる。

基本的な登録方法とリジェクト理由

まず、基本情報は以下のとおり。

ベクター・PNG素材ガイドライン

pixta.jp

写真・イラスト素材リジェクト理由(NG理由)一覧

pixta.jp

ベクター素材(Illustrator作成分)の場合

【NG1:未検証】透過部分がないため、PNGデータとして登録することができませんでした(JPGのみの販売で、PNGセットでの販売NG)。

【原因】

  • アートボード全体にベタ塗りレイヤーを背景として1枚配置していた(おそらく背景に余計なものを入れないのが良い)
  • 透過部分は、llustratorメニュー「表示>透明グリッドを表示」で確認可能

【解決策

  • 単純に透過部分のあるPNGデータにすればよい
  • Illustratorメニュー「ファイル>書き出し>Web用に保存(従来)」
  • プリセットで「PNG-24」を選び「透明部分」にチェックがあることを確認して保存
  • なお「ファイル>書き出し>書き出し形式」はWeb用以外の印刷用など高解像度での書き出しが可能(これでもよい)、また「書き出し>スクリーン用に書き出し」はアートボード複数の場合などで便利
  • 以下のリンク先にも詳細あり

背景透過PNG画像をIllustratorで書き出す方法! | CREMAGA

【NG2:検証済/再申請OK】Adobe Illustrator 8.0〜CS2互換のEPSファイルをアップロードしてください(ペンマークのEP/EPSが販売NG)

【原因】

  • EPS保存の際に、バージョンを現行の最新版「Illustrator 2020 EPS」にしていた
  • ガイドラインをよく確認していなかったための単純ミス

【解決策】

  • 別名保存で、ファイル形式「Illustrator EPS(eps)」を選択して保存
  • EPSオプション画面で、バージョンを「Illustrator CS2」に設定してOK

pixta.jp

【NG3:検証済/再申請OK】非表示のレイヤーを含む素材は登録できません。修正のうえ、再度アップロードをお願い致します

【原因】

【解決策】

  • レイヤーの目のマーク表示をよく確認してから、再度「NG2:解決策」で示したCS2のEPSで書き出して再申請する

【NG4:未検証/断念】塗りのオープンパス, 孤立点, 埋め込み画像を含む素材は登録できません。修正のうえ、再度アップロードをお願い致します

【原因】

  • はっきり原因がわからない
  • オープンパスの有無や数は、ウィンドウ>ドキュメント情報>オブジェクト(選択内容のみを外す)で確認可能
  • 塗りツールやブラシツールを含む複合パスなどでNGになっていると思われるが、パスが多いと確認がほぼ不可能になる
  • 孤立点は、オブジェクト>パス>パスの削除で削除可能
  • クリエイターが知っておきたいストックイラスト素材制作の基本

【解決策】

  • パスが少なければ、上記の原因と確認方法で修正して再申請
  • パスが多ければ、諦めてPNG/JPGのみの申請などに切り替える

ラスタ素材(Photoshop作成分)の場合

【NG:検証済/再申請OK】透過部分がないため、PNGデータとして登録することができませんでした(JPGのみの販売で、PNGセットでの販売NG)。

【原因】

  • 背景レイヤーに(カンバス全体に)白ベタ/塗りベタを配置したままPNGとして書き出してしまっていた

 【解決策】

  • 背景のベタレイヤーを非表示にする(自然と透過が出てくる)
  • 【補足】できれば背景ベタを非表示にしたことによる不自然な透過(人物の肌の塗りなどの欠落)は別にレイヤーを作って塗り足ししておくこと
  • 「ファイル>書き出し>書き出し形式>Web用に保存」でプリセットを「PNG-24」として、すぐ下の「透過部分」にチェックマークを入れたら、そのまま保存
  • 【注意】そもそも「背景ベタ塗りあきりの画像」では、登録時にPNGではなくJPGで登録して、はじめからJPG単体販売として出すこと

Adobe CC 更新方法@ヒューマンアカデミーたのまな通信講座

Adobe CCを安く入手するため「ヒューマンアカデミーたのまな通信講座」「アカデミックアドビオンライントレーニング通信講座 1ヶ月間 受け放題コース+Adobe Creative Cloud (メールでID送付・教材発送なし)を学生利用契約しているが、期限である1年を前に更新方法」に迷ったので、ここに簡単にやり方を記録しておく。

更新手順:3ステップ

  1. 前回同様の手順で新たに(同じ)通信講座を契約する
  2. 注文後して23日後に前回同様「コード」がメールで送られてくる(添付されているZIPファイルを、別に送られてくるZIP解凍パスワードで開いて、「〇〇様:【引き換えコード】AdobeCC_1年版.txt」に記載された引き換えコードを確認する)
  3. そのコードを「アドビアカウント」>「プランの詳細を確認(あるいはプラン>プランを管理」)>「新しいコードを引き換える」でコピペ入力すれば、延長(更新)完了(有効期限がちょうど1年伸びているはずだ)
    ※登録しているメールアドレスにAdobeから「引き換えコードが認証されました」の案内が来るのでそれも確認しておく

更新に際しての留意点

  • 申込後にコードが送られてくるまで待ち時間があるので、なるべく更新日ギリギリでなく、2週間から1ヶ月程度の余裕をもって更新しておきたい(上記手順)
  • 更新は期限ギリギリでなくても可能(期間の重複はなし)
  • Adobeで自動更新を設定しないこと(次回から正規料金になってしまう)
  • いろんなコースがあるが「アカデミックアドビオンライントレーニング通信講座 1ヶ月間 受け放題コース」の1択でOK
  • 注文画面では、Amazonと情報共有すると入力の手間が省ける。また「Amazon Pay」で決済すれば更に手間が省かれる。
  • 以下のリンク先の情報が詳しい

    road-to-designer.com

MacBookの液晶破損と代替方法

ある日の朝、いつもどおりMacBookを開くと、液晶画面の左側が真っ黒になっていて驚く。よく見ると、ヒビが入って割れて液晶が漏れているのがわかる。

昨夜、充電プラグを外して、すぐにモニターを閉じたのだが、そのときにプラグの先端(コネクタ)を少し挟んでしまったことを思い出す。これは、モニター破損の原因となる「あるある」で、よく注意しなければならないことだったようだが、もう後の祭りである。 

救いとしては、すでに5年以上使っていて、バッテリーも微妙に膨らんでおり「修理サービス推奨」のマークが出てしまっているので、買い替え時といえること。 

ともかく、ここに備忘録として液晶破損の顛末、それと代替方法に関する点を簡単にまとめておく。

MacBookの液晶破損と代替方法

液晶画面(モニター)が割れる

はじめの症状

左側が真っ黒になっていてショックを受けるが、私の使っているのはMacBook Proの15インチ。ちょうど見えている範囲が13インチ程度ということで、メニュー画面が見づらいな、と思いつつも、とりあえず使うことができるような状態。

f:id:hibinokousatu:20210504212344j:plain

割れた当日の状態。ちょうど充電器のコネクタを挟んだ左側にヒビが入っていて、そこから漏れた液晶で左半分が黒くなっているのがわかる。

f:id:hibinokousatu:20210504213122j:plain

同モニター左上。メニュー画面の「ファイル」部分までやられているのがわかる。これぐらいであれば、15インチ画面の13インチなので、使用できないほどではない。

液晶さらに割れる

すこし煩わしさを感じつつも、そのまま普通に2週間ほど使って、13インチにも慣れてきたころ(そのときにも馬鹿なことをしてしまったと思ったが)外出時に持っていこうとしてカバンに入れる際に、画面を立てにして少し衝撃を与えてしまう。

案の定、ヒビ割れの範囲が広がって、画面の半分が真っ黒になってしまう。 

f:id:hibinokousatu:20210504215536j:plain

すばらしき、あとのカーニバル状態。最初のヒビ割れが、衝撃によってグッと進んでしまったことがわかる。

f:id:hibinokousatu:20210504215002j:plain
ちょうどiPadぐらいのサイズ感になってしまった。ノートパソコンとして使うには、絶望的な状態。この段階で、修理か新規購入か、具体的な検討に入る。 

ちなみに、このあと(現在)さらにヒビ割れが進み、すでにほぼ真っ黒な画面となってしまっている(いったんヒビ割れが入ってしまうと、よほど慎重に触らないようにしてないと、どんどん割れが進んで最終的には全画面が真っ黒になってしまう)

大事なことは、ヒビ割れが起こった時点で、まだ少しでも使える状態であれば、それ以上衝撃を与えないように慎重に取り扱うこと。

それから、以下にまとめるような代替手段(環境)を早めに準備して、新規購入まで凌いで使えるようにしておくことも大切である。

修理を検討してみる【見積】

現在のMacBook Proの購入価格は税込み20万円ほど。 新規購入の選択肢も踏まえて、修理費としては5万円ほどが上限か。

バッテリーもやばい状態で、修理の選択肢はかなり厳しいのではないか、と思っていたが、後学のためにリサーチを行う。

まず、アップルでの正規ルートは初めから断念した。確実に10万オーバーだろうことは、なんとなくわかる。そこで評判のよい修理サービス会社に見積もりを依頼した。

結果としては、以下の通りである。 

【液晶修理=丸ごと交換】約6.5~8万円(税別)
・診断料金:3,000円
・分解工賃:11,000円
・上部アッセンブリ:5.1~6.6万程度(モニターまるごと交換)

【バッテリー交換】約5〜6万(税別)
・バッテリー交換:2.5~3万
・バッテリー:2.1~2.6万程度
・分解工賃:4,000円
※ただし、部品代および送料、国内または国外手配で金額が前後 

【修理期間】10日以上

・国内手配の場合:7~10営業日前後
・国外手配の場合:14~30営業日前後 

この結果から断念する。以下のようなアドバイスももらった。 

・15inchモデルは液晶修理にかかる部品代が高い
・どうしても修理金額が高くついてしまう
・年式的に買い替えも一つの選択肢 

この修理サービス会社の担当者さんはとても丁寧な診断をしてくれて大変ありがたかった。

5年使っていて修理後にもどれだけ使えるか考えると、新規購入しか選択肢がない。それで、いまは新規購入に向けて検討するとともに、以下の代替方法で使っている。 

修理を諦めたあとの代替方法

以下の代替方法で、ひとまず新規購入まで凌いでいるわけだが、わりと使い勝手が良い。いや、持ち運びできないことを除くと、ずっと使いやすくなったとも言える。モニターが大きくなって、キーボードもテンキーが付いたもので、熱を持って使いづらい時があったがそれもなくなった。 

具体的には以下の外付け機器を使っている。

・外付けモニター
・外付けキーボード
・外付けカメラ&マイク(必要な場合のみ)
・その他(HDMIコード、パソコンスタンド)

外付けモニター

BenQ:1万円程度

以前にセカンドモニターとして使っていたものをメインとして使用。

www.amazon.co.jp

外付けキーボード

ELECOM:3000円程度

MacBook Proで普通に使えている。純正がベストに違いないが値段がどうしてもネックになる。これは安いし、キーストロークも深くて申し分ない。

www.amazon.co.jp

www.elecom.co.jp

外付けカメラ&マイク

DEPSTECH WEBカメラ:3000円程度

届いたその日にすぐに使えた。

カメラも音声も申し分ないが、カメラの画角がMacBookのカメラよりもワイドで、余計なものまで映り込みすぎるので、ZoomやGooglemeetsを使う場合は背景をぼかすか、カメラの角度などに注意しよう。

その他(HDMIコード、パソコンスタンド)

HDMIコード(パソコンと外付けモニターをつなぐため)

パソコンスタンド(クラムシェルモードでの放熱と安定性確保のため)

www.amazon.co.jp

現在の状態 

f:id:hibinokousatu:20210505195556j:plain

このようにクラムシェルモード(閉じた状態)で、外付けの機器を付けて(意外と快適に)使用できている。右上にHDMIコードがあって、この右側のモニターと接続している。

閉じた状態では、熱がこもってしまいバッテリーのダメージも気になる。そこで、このようにアルミのパソコンスタンドで下に空間を作り、放熱しつつ、安定感も確保している。

適当なデスクスタンドの下に隙間があれば、そこに収められるとベスト(デスク上に余計な場所を取らずに済む)。

この写真でも、パソコンはデスクスタンドの下に収まっており、パソコンの奥にはハードディスクも収まっている。

なお、デスクブックスタンドは少し値が張るが、以下がオススメ。似たようなもので、もっとコンパクトなものや木目調などあるので、自分にあったものが良いと思う。

できれば、複数のデバイスを繋げられるUSBポートもなければ購入しておけば、クラムシェルでストレスなく作業するのに便利。

コクヨ デスクシェルフ W600 棚2段 トレー付 グレー EAS-DSC6072M

コクヨ デスクシェルフ W600 棚2段 トレー付 グレー EAS-DSC6072M

  • 発売日: 2006/02/01
  • メディア: オフィス用品
 

代替機の購入録については、以下の記事にまとめている。

hibinokousatu.hatenablog.jp

パソコン(代替機)購入録

5年ほど使ってきたMacBook Proのモニターが割れてしまった。バッテリーも「修理サービス推奨モード」が出てしまっている。

hibinokousatu.hatenablog.jp

瀕死状態のMacBook Proだが、ひとまずクラムシェルモードにして(外付けモニター・キーボード・カメラを付けて)問題なく使えている。しかしながら、いざというときの代替機がない状況はマズい。

ここに、代替機を念頭にしたパソコン購入録をまとめる。 

Windowsという選択肢はない。ParallelsDesktopも使用できる体制になっている。 

hibinokousatu.hatenablog.jp

代替機1:MacBook Proの最新版

型落ちMacBook Proがあればそれも選択肢になる。

ただし、現在のMacBook Proはメモリもストレージ容量も最上位機種であり、ひとまず固定機として使えていることを考えると、同じものを2台というのはどうも気乗りがしない(といっても、最新の16インチ機種ではまた違うだろうが)。 

代替機2:Mac mini、またはMacBook Air

固定機、携帯機として、こうした選択肢もあるが、いまいち決め手にかける。

代替機3:ipad-pro13インチで「2in1」という選択肢

現状のMacBook Proをそのまま固定機として活かしつつ、持ち運びできる携帯機として併用しながら、いざMacBook Proが機能不全になっても(クラムシェルで固定使用が難しくなっても)代替機にもできるわけで、その点で、現時点の利用方法に最もフィットしていて、汎用性が高い 。

要検討点(コスパ

よく調べると、2in1として活用するには「Magic Keyboard 」と「Apple Pencil」も必要なわけで、本体とセットで購入すると20万円台コースで、MacBook Proと値段的にあまり変わらない。

そうなると、やはり新しいMacBook Proをスパッと買っておいたほうが良いのではないか、という思いが出てくる。

要検討点(代替機能)

また、iPad Proで代替機として本当に使えるのか改めて確認することが必要。

外付けHDDが使用できるかどうかも重要。Dropboxも踏まえて最低限の容量を確保しておく必要がある(現状のストレージ容量は170なので258あれば十分)

2020 Apple iPad Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ (第4世代)
 
12.9インチiPad Pro(第4世代)用Magic Keyboard - 英語(US)

12.9インチiPad Pro(第4世代)用Magic Keyboard - 英語(US)

  • 発売日: 2020/04/20
  • メディア: Personal Computers
 
Apple Pencil(第2世代)

Apple Pencil(第2世代)

  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: Personal Computers
 

 

代替機としての結論

あくまでも、現在クラムシェルでMacBook Proをそのまま使えているので、バッテリーの問題があるとしても、いますぐ完全に代わりになるものが必要ということではない。

考え方としては、完全代替ではなく「つなぎ」としての代替機として、携帯デバイスとしても汎用性の高いiPad Proを購入して、いざというときに備えて、完全代替機は本当に今のクラムシェルで使えなくなったときに改めて別に購入すればいいのではないか(といっても、割と近く2〜3年後あたりになりそうだが)。